2021/01/19

マンガ本

今朝は 6 : 10 に起床。


体調も良くなってきた。

口内炎と口唇ヘルペスが治ってきている。

自律神経が乱れないように、

抵抗力を上げるために、

毎日ウォーキングして

陽の光を浴びている。



嫁さんが大人買いした鬼滅の刃の

コミック本全巻がある。

読もうか迷っている。

鬼滅の刃はリアルタイムで

読んでいたので大筋はわかっている。

細かいところは忘却の彼方かな。

嫁さんと子どもたち(中1息子、小5息子)は

映画鑑賞済み。

私は行かなかった。

DVDで十分かなと思っている。

ストーリーや演出、画力は

なかなか見ごたえがあり面白い。


登場人物自らが脳内や口頭で

状況を解説してくれる。

どれだけ自分が

追い詰められているのかなどが

よくわかり緊張感がある。

弱かった登場人物が

苦労を重ねて強くなっていく。

気持ち良いくらいのヒーロー。

主人公がまじめで真っすぐで純粋な善人。

気持ちが良いくらいキャラがたっている。

このご時世からかかなり魅力的に感じる。

強くなるための修行もある。

自分がどれだけ強くなっているのか

示すため、そのたびに

より強力な敵も現れる。

必殺技も数多い。

友情や恋愛もある。

敵にも悲しい物語が語られている。

女性が可愛い。

etc...

あくまで個人的な意見であるが、

少年ジャンプの黄金期の王道のようだ。

子どもの頃に夢中になって読んでいた

黄金期の少年ジャンプ。

キン肉マン、Dr.スランプ、北斗の拳、

魁男塾、きまぐれオレンジロード、

ドラゴンボール、聖闘士星矢、

ジョジョの奇妙な冒険、

ジャングルの王者ターちゃん、

スラムダンク、幽遊白書、

忍空、るろうに剣心など。

少年ジャンプは週刊で

テレビ放映もそうであるが

次週が楽しみであった。

毎週毎週しかたなく

待つしかないというのが

読みたい見たいという気持ちを

くすぐっていたのかもしれない。

大人になって読み返すと

無理な話だ、そうは面白くない、

なんで夢中だったのだろうと

思ってしまうものもある。

当時の子どもの頃は面白かったのだろう。


話はだいぶそれたが鬼滅の刃を

読み返してみようかな。







そう言えば、就活の身でマンガ本を

読んだり、ゲームをしたりすると

罪悪感がでてしまうなぁ。






















今日の猫




繫華街にお住いの猫さんです (^^)/


猫①(2021-01-19)






猫②(2021-01-19)






猫③(2021-01-19)















「冬のコインランドリー」

を聴きながら...


コメント

非公開コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

Re: No title

鍵コメ 様


こんにちは。


鬼滅の刃は23巻もあるので
のんびり読もうと思います。

コメントありがとうございます。