2019/05/19

雨、猫

昨朝は 7 : 10 に起床。

まだ少々疲れが残っている。


小雨が降っていたが、

取り敢えず30分程度のウォーキングへ。

目に日光をたくさん取り入れようと

雲に覆われている空を

チラチラ見ながら歩く。

これでセロトニンが増えたであろう。

雨の風景も良いものだ。


雨が降り出したあの独特な匂いは

嫌いではない。

本降りになる頃には

無くなってしまう匂い。


ウィキペディア等で調べてみた。

地面が乾燥している時に

植物から生じた油分が

土や岩石の表面に吸着。

雨が降り始める直前に

湿度が高くなると

鉄分と反応して独特な

匂いが発生する。

ペトリコールと言うらしい。

その後雨に流されてしまい

徐々に匂いはなくなるとのこと。


雨が降ってしまったら

不便なことが多い。

でも、

降り始めのあの匂い、

空から水滴が辺り一面に

落下し始める現象は

肌で大自然の変化を

感じることができる。


自然の中で

人は生きている。

















今日の猫



過日、

自宅の裏で

灰色猫さんを見かけました。

ちゅーるを見せながら、

呼んでみたところ (^^)/

来てくれました \(^o^)/

猫①(2019-05-19)









しばらく会わないうちに

なんだかやつれた感があるなぁ。

猫②(2019-05-19)









可愛い (*^_^*)

猫③(2019-05-19)










眼光鋭く、

動きも機敏で、

迫力もあるから大丈夫かな。

猫④(2019-05-19)














寛いでいるので

安心しているのかな (^^)/

猫⑤(2019-05-19)














「僕の今いる夜は」を聴きながら...


コメント

非公開コメント