2018/07/27

実家、猫

今朝は 6 : 10 に起床。

体調は問題ない。


来月は、

昨年12月に他界した母の初盆。

私は3人姉弟で、姉が2人いる。

長男で末っ子である。

嫁さんと結婚してから私の両親と同居生活。

実家で同居。

今は、両親は他界してしまった。

まだ親孝行をと思う反面、

やっと解放されたという気持ちもある。

何より、嫁姑問題と小姑問題の板挟みから

開放されたのが大きい。

もう、姉たちはこの両親がいない実家には

来にくくなったであろう。

初盆に長女姉家族、次女姉家族が

実家でご飯を食べようと姉から提案があった。

断る理由もないので快諾した。

長女姉は常識と頼りがいがある人で、

私の事(うつ病など)を気にかけている。

長女姉家族が来る分には何も問題はない。

はっきり言って次女姉家族には来てほしくない。

母が引きこもりや認知症などの時に、

次女姉が心がないのにあれやこれやと

いろいろと口出しが多かった。

認知症の母からお金を借りることもあった。

私の堪忍袋の緒が切れてしまって、

次女姉と喧嘩をした。

今まで私は争いごとは避けてきた。

初めて次女姉と喧嘩をすることになった。

それ以来、いい加減な次女姉とは

もう会いたくも話したくもない。

しかし、私の自宅は両親はいないが

その姉たちの実家になる。

今回は母の初盆なので、

自宅での食事会はごく当たり前だろう。

でも、そう何度も来てほしくないのが

正直な気持ちである。

まだ母がいた頃は、姉たちは実家である

私の自宅に泊まったり、食事会をしたりと

たいへんだった。

特に母はその姉家族のために、

老骨に鞭を打って布団を干したりしていた。

その姉たちは実家で気が緩むのか

母がいることが安心するのか、

遅くまで寝て、朝ご飯の準備や片付けなどを

しない。

その姉家族が帰った後は

母はまた老骨に鞭を打って、

後片付け、布団干し、掃除できつそうであった。

私も少しは手伝うが、母が拒絶する。

そういう状況を私から姉へ話してから、

茶碗を洗ったりし始めた。


もう両親は他界していないので、

私の自宅に集合するのはやめてほしい。

長男宅の実家が拠点となるのは

仕方がないことだとは理解はしている。

愚痴をこのブログに書いたので

少しすっきりした。

さて、姉家族が来るので自宅の

片付けをしようと思う。















今日の猫




ご近所猫さんPです (^^)/



少しずつ私になれつつある猫さんです (^_^)v


そっとなでなでを試みます。

猫①(2018-07-27)

頭や背中は問題なく

ナデナデです (*´▽`*)









少しずつお腹の方へ。

猫②(2018-07-27)










や、やはり抵抗気味です (^^;

猫③(2018-07-27)











抵抗と遊び?

甘噛みです (^^;

猫④(2018-07-27)











だ、大丈夫かな?

猫⑤(2018-07-27)











いや~!

明らかに嫌がっている~!

猫⑥(2018-07-27)



















いや~!

行ってしまう~!

猫⑦(2018-07-27)











あ~!

逃げられた~!

猫⑧(2018-07-27)

でも少しだけモフモフできました (*´▽`*)


猫さんPは、

人になでなでモフモフをあまり

されたことがないようです。

猫さんPは、

気持ち良いと思っているのだけど、

外猫としての警戒心があるのだと思います。

そう解釈しました。

少しずつ慣れていきそうです (^^)/
















「冬がはじまるよ」を聴きながら...


コメント

非公開コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

Re: No title

鍵コメ 様


こんばんは。


猫さんPが少しずつ私を受入れてくれているのが、
私にとって非常に心地よく嬉しいですね。
私のうつ病が癒されていきます。
最初から人懐こい猫さんよりも、
猫さんPで本当に良かったと思っています。

ブログや日記に愚痴を書き出すのがストレス発散ですね。
本当は、違う立場で同じような境遇の人に愚痴を吐き出したほうが
効果的なのですが、まぁ、ブログに書く(吐き出す)のと書かないとでは
雲泥の差があると思っています。

母はいつまでたっても母なのだと思いました。
また、歳をとっても子供は母に甘えてしまうのでしょう。
私も含めてです。
これは、良い場合と良くない場合がありますね。

相手の立場になって考えることは、すごく良いことですよね。
この世の中、こういう人ばかりだと良いのですが...。
でも考え過ぎると自分を見失ってしまいますので
バランスが重要になってきます。
我が道を行く細かいことを気にしない人に憧れを持ちます。

それと、私には幸いにも
病気の事、何よりも私自身を理解者してくれる人が
いたので心が安定し一命をとりとめたと思っております。
これも人それぞれなので答えも人それぞれです。

お互いに頑張り過ぎないように頑張りましょう。

コメントありがとうございます。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

No title

猫ちゃんはお腹なでなでを嫌がるのかもしれませんね。
ケリケリされちゃいました?(笑)
くすぐったいのかな?
それとも大事な臓器があるから、本能的に防御してるのかな?
でも慣れてる子は触らせますよね。
もうひと踏ん張り(笑)

No title

素敵なブログですね。

Re: No title

こまちょんた 様


こんにちは。


> 猫ちゃんはお腹なでなでを嫌がるのかもしれませんね。
> ケリケリされちゃいました?(笑)

爪を立てないケリケリを少々。
でもすぐに逃げようとします (^^;


> くすぐったいのかな?
> それとも大事な臓器があるから、本能的に防御してるのかな?
> でも慣れてる子は触らせますよね。
> もうひと踏ん張り(笑)

本能的に嫌なのかなぁと思っております。
でも、モフモフされれば猫さんも心地良いはずだと
勝手に解釈しております (^^ゞ
そうですね。もう少しです。
猫さんとのこういうやり取りも凄く楽しいです。

コメントありがとうございます。

Re: No title

鍵コメ 様


こんにちは。


私の場合です。
うつ病の波はうつ病が軽くなるにつれて、落ち込む頻度が減っていった感じです。
落ち込む頻度が、毎日だったのが、2日に一度、3日に一度...。
また、その日の中でも波はありました。
消え去りたい気持ちは、うつ病が軽くなってもしばらくは顔を出していました。
その気持ちの強さも軽くなっていったようです。
急性期の時は毎日、散歩中に知らず知らずに高い建物をさがしていたりと
自分を見失っていました。
うつ病の原因をある程度特定しておけば、それを避ければ良いと思います。
私は仕事がうつ病の原因だったので、結果的に退職という道を選択しました。
最初はその職場付近を通るだけでも嫌な気持ちになっていました。
その職場から郵便物が届いたり、職場の人からの連絡の時は動悸がしていました。
退職してからもしばらくはその状態が続きました。
回復期である今でも、消え去りたいとは思わなくなりましたが、波はあります。
健常者でも落ち込みます。耐性力があるので、ある程度までは何ら問題ないでしょう。
うつ病はストレスの耐性力がなくなっている状態だと思っています。
この耐性力を回復させるには、時間の経過,考え方の変換,マインドフルネスや
暗示などが必要だと思っています。
この耐性力がどれだけ回復しているかは人それぞれで私自身もよくわかっていません。
今後はどれだけ考え方の変換ができるかが鍵となってきます。
うつ妖怪は一生付き合っていくものとも思っています。
抗うつ剤や睡眠導入剤も一生服用しなくてはとも思っています。
「ま、いいか」と考えることはとても大切だと思います。
合格点は100点ではなく70点でも良いと思います。
心身ともに疲れてくるとうつ妖怪が出てきやすくなります。
仕事をしているだけでも頑張っていると思います。


コメントありがとうございます。


Re: No title

DW 様


こんにちは。


> 素敵なブログですね。

治療の一環で始めた日記のようなブログです。
ありがとうございます。

コメントありがとうございます。