2018/03/05

他人の日々、猫

今朝は 6 : 00 に起床。

鼻水、鼻詰り、喉の痛み少々、痰の症状あり。

寝ている時に咳が出る。

くしゃみは時々。

くしゃみは思い切りすると

すっきりして気持ちいいものだ。

しかし、その後はぐしゅぐしゅと不快。


無理をしたつけが回っている。

特に熱もなく具合が悪いわけでもない。

これが長いこと続いているので、

今日は朝から、

かかりつけの耳鼻咽喉科を受診した。

早めに受診すればよかったと思っているところ。


昨日は繁華街へ猫の譲渡会へ行ってきた。

体調は悪いが無理を承知で外出。

どうしても見に行きたかったのだ。

他の用事もあり、おかげで

歩数 7,700 歩にも達した。

かなり疲れた。

目標は 1日 10,000 歩 である。

まぁ達成できない日が多いが、

散歩さえできれば、これで良い。


繁華街へ行くと当然人が多い。

道行く人をみていると、

その人の生活などを具体的に想像してしまう。

普通に買い物して、

普通に家に帰り、

普通に晩御飯作ってみんなで食べて、

普通に家族団らんして、

普通にお風呂に入って、

普通に寝て、

普通に朝起床して、

普通に朝ごはんなど支度して、

普通に出勤、通学する。

普通に日々を過ごしている。

それに引き換え私は、

うつ病を患って、

退職して、

自宅療養して

日々何をしているのだろう。

どうして生きているのだろうか。

などと道行く人たちを見ると

切なくなる。

その後この思いはすぐにかき消されてしまう。


しかしながら...この思いは嫌いではない。


度合いは違うにしろ、みんな同じように、

喜んだり、怒ったり、悲しんだり、楽しんだりして

いろんな感情を持って日々を生きていると

思えるからだ。


あれこれ考えても答えは無い。

とにかく、「今」。











今日の猫



昨日、猫の譲渡会に行きました。

まだ猫さんを家族に迎える環境が、

整っていませんが、癒されに行きます (^^ゞ

ただ、見に行くだけですが... (^-^;

あ、必ず募金はしますよ (^^)/


猫①(2018-03-05)






猫②(2018-03-05)






猫③(2018-03-05)






猫④(2018-03-05)






猫⑤(2018-03-05)

猫さんは可愛いですね (^^)








「ズル休み」を聴きながら...

コメント

非公開コメント

No title

目標はあくまでも目安の方が良いですね。
歩きすぎると逆に膝等痛めると大変ですから
ね。私も毎日目標地点を決めて歩いてましたが膝を痛めて現在はあまり歩いてません。

Re: No title

ララキラリ父さん 様


こんにちは。


> 目標はあくまでも目安の方が良いですね。
> 歩きすぎると逆に膝等痛めると大変ですから
> ね。私も毎日目標地点を決めて歩いてましたが膝を痛めて現在はあまり歩いてません。

私もそうでした。無理をして、痛めたり体調崩したりと、結局は後退していました。
今は、気の向くままを目標に歩くように、時には早歩きですね。
膝への負担はあまりない、抵抗力アップも見込める水泳や水中でのウォーキングはいかがですか?
かといって、プールとなると気軽には行けませんよね。健康的だとは思いますが、なかなか行けません。
目標は目安程度ですね。

コメントありがとうございます。

風邪には寝薬が一番です

風邪をひいている時に動くと、
動くためにエネルギーを使うので、
風邪と闘うためのエネルギーがなくなっちゃいます。
風邪の時はひたすらベッドにしがみついた方が良いですよ。
おだいじに!

Re: 風邪には寝薬が一番です

タンタン 様


こんばんは。


> 風邪をひいている時に動くと、
> 動くためにエネルギーを使うので、
> 風邪と闘うためのエネルギーがなくなっちゃいます。

なるほど。限りある大切なエネルギー。
治す時は集中してしかっり治すということですね。
昔は風邪を引いても多少の無理は何の問題もなかったのですが
年々と大切さが増してきます(^^ゞ


> 風邪の時はひたすらベッドにしがみついた方が良いですよ。
> おだいじに!

たくさん寝て体力を温存します !(^^)!
いつもありがとうございます。

コメントありがとうございます。

おはようございます。

普通の生活は、人によって違うので(*^▽^*)
普通に見えても色々ありますよね。

もっとも普通って何?と思ったりします(^_-)-☆

Miyuさんになら話せました。

Miyu 様


おはようございます。


> 普通の生活は、人によって違うので(*^▽^*)
> 普通に見えても色々ありますよね。

そのとおりですね (^^)/
繁華街では老若男女たくさんの人たちがいます。
全ての人たちは各々性格や環境が異なります。
なので各々の普通があります。
そんな道行く人たちを見て、第一印象で具体的に
こんな生活を送っているのかなぁと想像してしまいます。
中には悲惨な人もいらっしゃるかもしれませんが、
あまり悲観的な想像はしません。
何を思って生きて生活を送っているのかなぁと知りたいのです。
私は、もう少し回復したら、いろいろな人たちと話しができるような
ところへ出るのが目標です。
それは何かのスキルを会得するための講習でも良いですし、職業訓練校でも良いですし、
または、趣味(でなくても興味本位でも)の集まりに行ったりして、いろんな立場の人たちと
コミュニケーションを取って話すことが大事かなぁと思っています。
いろいろな普通を聞くのが私にとって良いのかなぁと思っています。


>
> もっとも普通って何?と思ったりします(^_-)-☆

普通って何でしょうね。深いですね (◎_◎;)

**********

そう言えば「総合相談の現場から」は現在2回目を
読んでいるところです。ゆっくり時間がある時に楽しく読ませていただいております。
本当にありがとうございます。

実は私は以前は急性期病院を母体としている法人にいました。
急性期病院、ケアミックス病院、回復期リハビリテーション病院、訪問看護、
介護老人保健施設(デイケアあり)、介護付有料老人ホーム、予防型通所介護施設、
認知症型通所介護施設、小規模多機能型居宅介護施設、訪問介護、訪問入浴介護、
居宅介護支援事業所を持つ大きな法人です。グループホームだけは持っていませんでしたが。
国は財源確保の為に、自治体自体がまだ完全にわからない状態で地域包括ケアシステムを急速に推進。
この法人はこれだけの施設を保有していたので患者、入所者、利用者を循環,反復させて貢献していたようです。
循環,反復はいずれどこかに国からのメスが入るでしょう。
高齢化社会で医療関係者はもう介護保険制度を避けては通れなくなり、病院に入院、通院する時から
介護保険を有効に使えるように介入し情報を共有し在宅復帰をいち早く目指すようになりました。
医療従事者はあまりにも介護保険制度を知らなさすぎでした。
その法人内の職員を対象(事務職も)に1年にもおよぶ在宅復帰支援スタッフ育成プログラム(法人内だけの資格
で中間,卒業試験もあります)を企画しスタッフを育成。
私も2期性としてH27年度に受講しました。その中でケアプランの作成や訪問介護などの各施設の実習もありました。
特に訪問介護の実習の現場の状況を見て、これではその人らしい生き方が難しいと目の当たりにしました。
当然、うまくいっている人もいますが。

私の仕事はそれらの施設の主にハードにかかわる設備を管理しておりました。
特に老健は10年間いて、そこから老健の新築移転、介護付有料老人ホーム新築、
地域包括支援センターの改築、小規模多機能型居宅介護の新築のその法人の窓口として
建設会社と一緒に建設し開設に携わっておりました。また、その後はメンテナンスや修繕。

介護施設の開設に関してはこの法人の介護関係における右腕となっていた居宅介護支援事業所の
課長が企画していました。よって、その課長とは長い付き合いでした。
その方から介護保険ができる前からのたいへんだったことや面白いこと、信じられない事など
いろいろな話しを聞きました。
私も介護施設を新築するうえで介護保険制度の概要やハード面における規制を勉強しました。

本当は定年まで介護関係に携わりたかったのですが、まぁ最終的に介護関係から医療関係へ
異動を命じられて昇進してしまったのでうつ病を患ってしまいましたが。

今やっと、上記の事を話せるようにまで回復してきました。
すみません、一方的に話しをしてしまいまして (^^ゞ
Miyuさんには話せると思い、長々と書いてしまいました。


「総合相談の現場から」は興味深く読ませていただいております。
時には目頭が熱くなります。
まだまだその先が読みたいくらいです。

読み終わったら感想を話しますね (^^)/


コメントありがとうございます。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

No title

鍵コメ M 様


かなり苦労しながらでも頑張ってこられたのですね。
頼りになる管理職がいると、現場は心置きなく頑張れます。

お話を聞いていただいて本当にありがとうございました。

コメントありがとうございます。