2020/07/09

庭の花

今朝は 6 : 00 に起床。


今朝は眠たい。

こんな日もある。



さて、

庭を見渡すと

また見知らぬ花が咲いている。

赤色、橙色で

ひときわ目立っている。

モントブレチア①(2020-07-09)






モントブレチア②(2020-07-09)






モントブレチア③(2020-07-09)


インターネットで

” 初夏に咲く花 ” で検索し

画像を一枚一枚見て調べた。


「 モントブレチア 」 という名。

初めて聞く名だ。

亡き母は

いろいろな植栽を植えていたんだなと

今やっとしみじみ思う。


実はこの庭は

母が亡くなった3年前に

荒れに荒れていた植栽を

大きな草刈ハサミで

ほとんど刈っていた。

しかし、この

「 モントブレチア 」という花は

見事に再生し、

いや、

むしろ増えて

鮮やかな赤色、橙色の

綺麗な花を咲かせている。


綺麗ではあるが...

調べた内容によると

繁殖力が強く

地域によっては

栽培を禁止しているようだ。


それにしても

このジメジメした梅雨時に

鮮やかな色合いで

心がシャキッとする気がする。


良い意味での感動があるのは

心が落ち着いている

証拠だと思われる。












今日の猫





繁華街にお住いの猫さんです (^^)/

雨が降っているから

猫さんには会えないだろうと

散策していると...



こんなところにいるなんて、

少々びっくりしました (^^;

猫①(2020-07-09)






猫②(2020-07-09)





こんにちは (^^)/

猫③(2020-07-09)

これ以上近づくと逃げようとするので

そっとこの場から離れました。

また会おうね (^^)/



















「 Orinoco Flow 」

を聴きながら...


2020/06/22

斑入りガクアジサイ

昨朝は 6 : 30 に起床。


心身ともに問題ない。


ふと庭を見渡すと

ガクアジサイが

綺麗に咲いている。

雨が降っていると

一段と情緒があふれる。

斑入りの葉が

スタイリッシュで良い。

格好いいとさえ思う。

ガクアジサイ①(2020-06-21)








ん?



ガクアジサイ②(2020-06-21)

真っ白...






ガクアジサイ③(2020-06-21)

数か所に見受けられる。


葉緑体がないだろうし

この斑そのものの葉は

早めに枯れそうだな。




儚げだ。


これもまた良し。
















今日の猫




漁港にお住いの猫さんです (^^)/



可愛い (*^_^*)

猫①(2020-06-21)





可愛い \(^o^)/

猫②(2020-06-21)





それにしても

このモフモフ感は~

猫③(2020-06-21)

モフモフしたくてたまりません (^^;































「 Georgia On My Mind 」 (Ray Charles)

を聴きながら...


2020/06/12

庭の植栽たち

今朝は 6 : 10 に起床。


心身ともに問題ない。


自宅の庭の植栽。

亡き母がいろいろ育てていた植栽である。

父母が健在の時は全く興味はなかった。

最近になって何という名前なんだろうなど

気になっている。

その一部を撮影した。





ガクアジサイ

植栽①(2020-06-12)

母が亡くなった当初

庭をきれいさっぱりしようと

根本付近からバッサリ切ったのだが、

見事に咲き誇っている。

斑入りの葉のままで良かった。









????

植栽②(2020-06-12)

玄関付近の見えるところに

かなりの数が咲いている。








ナンテンかな?

植栽③(2020-06-12)

花が咲くのかと

今年になって初めて気がついた。








????

植栽④(2020-06-12)

だんだんと勢力を伸ばしている。

通路まで出てきているので

どこかで方向転換してもらおう。

これは葉を楽しむ植栽なのだろうか?



すくすく育っている綺麗な植栽を

見ると落ち着くようになってきた。

若い時は全く興味がなかったので

年をとったんだなぁと

つくづく思う今日この頃である。


取り敢えず雑草取りをしつつ

庭いじりをしてみようか。









おまけ


小学5年生の次男が

ドクダミ草を取るのを手伝ってと

話しがあった。

小学校で育てている植栽に

猫がいつも寝ていて、

倒れてしまっているらしい。

それで

猫が寄ってこないように

ドクダミ草をすりつぶして

植栽にまくのだそうだ。

ドクダミ草がどれなの

かわからないと言うと

次男が知っているという。

一緒について行ってみると

自宅付近の道端にたくさん

咲き誇っていた。



ドクダミ

植栽⑤(2020-06-12)

へ~いつも目にしていたが

これがドクダミか~

耳にしたことがある名前だが

実際に改めて見てみると

可愛い花が咲くのだな。

手で摘んでみると

かなりの臭いがする。

この臭いが忌避剤になるのか。

勉強になった。

次男も良い勉強してるんだな。

次男は次の日、

ニコニコして大量のドクダミ草を

小学校へ持っていった。


猫はこの草が苦手なのか。

















今日の猫



ご近所猫さんP です (^^)/


猫(2020-06-12)

猫さんP は、

いつもお腹を見せつけるのですが、

触るとなんとなく嫌がります (^^;












「 Living in America 」 (James Brown)

を聴きながら...


2020/05/21

雑草取り

今朝は 6 : 10 に起床。


膝の内側が痛い(鵞足炎)。

散歩に行ったり、

庭の雑草取りをしたりと

その他身体を動かすたびに

痛かった。

少しおとなしくするか。




気にはなっていたが、

改めて庭を見ると、

一面に植物が生えている。

冬には雑草などを綺麗に取って

土だけであったが、

何たることか、

何かが生い茂っているではないか。

植栽①(2020-05-21)






そこで、

無知なので

花の名前を調べてみた。

調べるのに時間がかかったが

いろいろとわかった。



一番、

幅を利かせていた花。

植栽②(2020-05-21)

「ナガミヒナゲシ」

オレンジ色の可愛い花。

一つの実で約1600個の種子があるという。

一株から

8万~20万個もの種子が落ちる。

繁殖力がとてつもない。

可愛い花なのだが恐ろしい。

その恐ろしさから雑草扱いされる。






所々に咲いていた花。

植栽③(2020-05-21)

「ムラサキカタバミ」

紫色の可愛い花。

鱗茎という球根の植物。

球根には小さい球根も

たくさんついている。

掘り起こすと、その小さい球根が

飛び散って新たに生えてくる(増える)。

駆除するにはスコップでその球根ごと

処分する必要がある。

雑草扱いされている。










数が少なく細々と咲いている。

植栽④(2020-05-21)

「ヒメヒオウギアヤメ」

可憐な可愛い花。

茎や葉が小さいわりには

花は大き目。

これは園芸用として育てるらしい。

雑草ではない。







花だよね?と思ってしまう花。

植栽⑤(2020-05-21)

「セダム」

かなり種類が多い多肉植物。

地面を覆うように密集して繁り、

雑草が生えにくくなる。

雑草対策にもなる。

花壇など土が見えているスペースを

埋めてくれる(グランドカバーと言う)。

岩石や荒い砂などに配置植え付けて

庭園として楽しむ

ロックガーデンに使われる。

その部分がひときわ華やかな

黄色の花で綺麗である。

雑草ではない。




花は咲いていないので

写真撮影はしていないが、

「セイタカアワダチソウ」が

多々生えていた。

周りの植物の成長を妨げる物質を

出しながら凄まじい勢いで繁殖する

雑草の中でも有名な植物。

しかし、可愛そうな一面もある。

主に虫によって受粉する虫媒花なので

花粉症の原因ではないとのこと。

広範囲に繁殖して

たくさんの黄色い花が

見た目で大量の花粉の飛散を

想像させるためか

濡れ衣を着せられている。

大繁殖の果てに、

その地の栄養分が枯渇し、

自らが出していた

植物の成長を妨げる物質で

自らがやがて滅びるとのこと。

薬草としての一面もある。



上記のように調べた結果、

「ナガミヒナゲシ」は雑草と認定して

全て引き抜いて取り除いた。

グランドカバーとして

「セダム」だけはそのまま残した。

汗だくで良い運動になったが、

膝が痛い。



ゆくゆくは、

庭はコンクリ床にしたい。










今日の猫


ご近所猫さんP です (^^)/




フリーズしてます ヽ(´∀`)ノ

猫①(2020-05-21)






すごく無防備ですけど (^^;

猫②(2020-05-21)





猫③(2020-05-21)

気を許してくれてありがとう (^^)/











「 SELF PORTRAIT 」

を聴きながら...