2017/06/01

個人的な意見として本などをご紹介。


うつ病になった時に、うつ病とはどんな病気なのかを

いろいろ調べました。

インターネットで調べて概要は何となく把握したものの、

具体的に事例的なものがわかりませんでした。

そこで、参考になったものをご紹介します。




 ① 「ツレがうつになりまして。」 細川貂々(ほそかわてんてん)

 ② その後の
    「ツレがうつになりまして。」 細川貂々(ほそかわてんてん)

 ③ ウルトラ図解「うつ病」 野村総一郎

 ④ 映画DVD 「ツレがうつになりまして。」

 ⑤ 「うつヌケ」 田中圭一(たなかけいいち)

 ⑥ 「ニャアアアン!」鴻池剛(こうのいけつよし)




・上記①,②は面白おかしく漫画で綴られたものです。

 実体験そのままなので本当にわかりやすかったです。

 私よりその家族が読んでくれて理解をしてもらったのが

 大きかったと思います。

 この本を思い出してすぐに買ってくれたのが、

 嫁さんだったので嬉しかったです。


・上記③は医学的にどんな病気かを1冊持っておきたかったのと、

 文字だけでない読みやすい本です。


・上記④は漫画「ツレがうつになりまして。」の実写映画化。

 個人的に女優の 宮崎あおい さんにキュンキュンしました。


・上記⑤は手塚治虫の画風の漫画本。

 少し違和感はありましたが、うつ妖怪たちとは一生、

 上手に付き合っていくのがわかります。


・上記⑥はうつ病とは関係ないです。猫あるあるの漫画です。

 猫が好きならば笑って抵抗力が増します。

 ”笑い” は落ち込んでいても

 無条件に強制的にテンションが上がります。体力がない場合は

 多少疲れますが。

 抵抗力、免疫力もUPすると言われています。





個人差がございますが、よろしければ参考にして下さい。